1. TOP
  2. windows
  3. 拡張子の表示方法 windows

拡張子の表示方法 windows

PC業務を行う場合、拡張子が表示されてないと色々と不便です。
拡張子を表示させる方法をさらっと書いておきます。

拡張子とは

まず拡張子表示の前に拡張子って何ですか?という話ですが、
ファイルの末尾に付いている「.(ピリオド)+英数字3文字」。
ファイルの種類を表すために使われます。
例を出すと
.xls マイクロソフトの「Excel」のファイル。
.zip ZIP(ジップ)形式の圧縮ファイル。
.mp3 MP3形式で圧縮された音楽ファイル。
という感じですね。
見たことありますよね。
これを拡張子というわけです。


スポンサードリンク


拡張子の表示方法 windows7

とりあえず、windows7から、まず画面下のフォルダアイコンから「ライブラリ」を開きます。
windows10だとエクスプローラーとなる感じです。



ライブラリの左上の「整理」というメニューをクリックします。


クリックして開いたメニューから「フォルダと検索のオプション」をクリックします。


フォルダオプションが開きますので、タブが「全般」になっているので「表示」をクリックします。


詳細設定部分の「登録されている拡張子は表示しない」のチェックマークを外します。
チェックマークを外した後「適用」をクリックり「OK」をクリックします。 これで拡張子が表示されます。


拡張子の表示方法 windows10

上記7のような方法でもできますが、windows8や10はもっと簡単に拡張子表示できるようになっています。
エクスプローラーの画面を表示(このようなファイル表示の画面であればどこでも基本大丈夫です)させ、「表示」をクリックします。



メニューがでますので「ファイル名拡張子」にチェックを入れます。これで完成です。 8と10はとても簡単ですね。


スポンサードリンク

コメントを書き込む

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。